はしパンダの部屋

VARIOUS PROCEDURES

※) 橋場不動産の管理物件のオーナー様へ毎月発信している記事を一部抜粋して掲載しております。

前回は、「自分の財産をどの様に処分するか?」について、委任、贈与についてお伝えいたしました。
 今回は、任意後見契約と信託契約をご紹介いたします。 

●任意後見契約
 任意後見契約は、本人が自由に選任する任意後見人に対し、身の回りのお世話や財産管理をしてもらうために代理権を付与する契約です。簡単に言うと、自分に何かあったときに、自分の代わりに判断してくれる人を決めておく、というものになります。
 この制度は、裁判所が主導する「法定後見制度」とは種々の違いがあります。

●信託契約 

 信託契約は、ご本人様の親族等に財産の管理をお願いする契約を締結するものです。この点までは、前回お伝えしました委任契約と似ています。しかし、信託契約は、委任契約とは異なり、お願いする相手方に財産の所有権を移してしまう契約となります。
 ただし、皆さんにご紹介する信託では、財産の所有権は移転させるが、不動産から発生する利益は自分に帰属するように設定できます。アパートを経営されている皆さんからすると、不動産から発生する利益=賃料と考えてもらえればわかりやすいでしょうか。

 

~両制度の良い点・足りない点~

●良い点

 任意後見制度及び信託契約ともに、ご本人が体調を崩された場合でも、信頼できる第三者が財産の売却をきちんとしてくれます。この制度を利用しておけば、急に体調が悪くなった場合でも、財産の管理・処分を行っていくことができます。

 しかも、両制度ともに、事前にどのように管理・処分をするかを検討し、決定し、それを文書に残すことができます。これにより、ご本人様の「想い」を実現することができるのです。


足りない点 

 とはいえ、両制度ともに万能とは言えません。任意後見契約をスタートさせるには、ご本人様の判断能力の低下と、裁判所の審判手続きが必要です。また、任意後見契約の場合には、後見開始後に、後見監督人への報酬が発生します。管理財産の総額が5000万以下の場合には月1~2万円の報酬が相場と言われています。

 また、信託契約では、受託者を誰にするか、という問題が発生します。所有権の移転までするので、この検討は慎重に行わなければなりません。もっとも、皆さんの場合には、身近にきちんと管理をしてくれる方がいらっしゃるかと思いますので、安心ですね。


 不動産オーナー様向け記事一覧はこちら

〉〉〉Vol.2へ

〉〉〉Vol.4へ

投稿日:2020/10/11   投稿者:橋場 祐太

今年もハロウィンの季節ですね♪

コロナでイベントは開けませんが、少しでも気分を盛り上げようと仮装しました♪

受付にお菓子も要しているので、ご来店の際にはどうぞ!

Trick or Treat!

投稿日:2020/10/08   投稿者:はしパンダ

最近流行りの「脱はんこ」。橋場不動産では、かなり前から社内手続きで印鑑が必要ってのは殆どありません。

法律で書面で作成が定められているもの以外は、可能な限り電子契約で行ってます!

お客様からも来店が不要ということで大好評です😄

橋場不動産は、WEB受付から、オンライン相談オンライン内見で、IT重説と、インターネットをフル活用しています♪

投稿日:2020/10/03   投稿者:はしパンダ

※) 橋場不動産の管理物件のオーナー様へ毎月発信している記事を一部抜粋して掲載しております。

前回は、「自分の財産をどの様に処分するか?」について、様々な制度があることをお伝えいたしました。

今回から、これらの制度の利用方法について少しずつご紹介いたします。


●委任
 委任契約を利用する場合には、オーナー様が親族などに不動産の売却の権限を与え、自分の代わりに手続きを行ってもらう形となります。


●贈与
 贈与契約を利用する場合には、予めオーナー様が親族等(受贈者)に不動産を贈与しておき、必要になった場合に、売却するという形となります。ただし、売却代金は受贈者のものとなりますので、契約の際に介護等の取り決めをしておくことが必要です。


●任意後見
 任意後見契約は、オーナー様がご健康なうちに、予め後見人を選任しておき、何かあったときには、その方に不動産の売却をしてもらう形となります。後見契約はオーナー様の判断能力が低下した際にはじめて効力が生じます。


●信託
 信託契約は、オーナー様がご親族の方(受託者)に、財産の管理を委託します。そして、必要なときに、受託者が不動産を売却し、オーナー様が売却代金を受け取る、というものです。

 

●どれがいいの?             

 上記の内どれがいいのでしょうか。これは一概には言えません。目的や、オーナー様の状況によって使い分けることが大切です。

 例えばオーナー様の目的を「必要なときに不動産を処分しその代金を自分の思い描く通りに使う」という観点からすると、判断がしやすくなります。

※)以降の内容は、実際のマイホームに掲載しております。

 

 

 不動産オーナー様向け記事一覧はこちら

〉〉〉Vol.1へ

〉〉〉Vol.3へ

投稿日:2020/09/29   投稿者:橋場 祐太

お客様に安心してご来店いただけるよう、感染症対策としてサーマルカメラを導入いたしました♪

ご来店いただきましたら、体温測定お願いいたしますm(_ _)m

投稿日:2020/09/28   投稿者:はしパンダ