代金決済について

不動産購入の流れ~買主様向け~

決済は3つの手続き♪

アンケートシートのフリー素材

決済は以下の3つのフェーズ(段階)に分かれています!

 

 ①司法書士との面談

 日程・場所調整

 ③代金の支払い

 

※)①と③は、①▶③の順番で行う必要がございます。

※)①と③は別日で行うことも可能です。下記Aパターン

※)①はご本人様のみとなりますが、③については、お支払いが可能な方であれば代理人をたてることができます。

①と③の実行について2パターン

【Aパターン】:①③を別々に行う場合→決済の場所には制限なし

司法書士事務所にて①を行う。後日③を振込にて決済(場所は制限なし)

●メリット:振込を別日で設定できるので支払い時期の自由度が高くなる

●デメリット:①と③を別に行うので時間がかかってしまう



【Bパターン】:①③を一緒に行う場合:決済の場所は銀行
銀行にて①及び、③(振込)を行う

 

●メリット:①③を一緒に行うので迅速に終わらせることができる

●デメリット:【平日午前中】に【司法書士と買主様】とが【銀行】に集まれる日の調整が必要になりなかなか日程が決まらないことも。

第1フェーズ 司法書士との面談

登記手続きをしていただく司法書士の先生と、本人確認手続きと、書類への署名押印が必要となります。

お持ちいただきたいもの

買主様

身分証明書運転免許証等の顔写真入りのもの
住民票お住まい市町村の役所にて取得ください。
印鑑お認印でも可能でございます。

第2フェーズ 日程・場所調整

決済(お金のやり取り)をする日程・場所の調整を行います。

第3 フェーズ代金支払

おこづかいアイコン2

代金の支払いを行います。この時点で諸費用を全て精算いたします。

支払い方法は、原則としてお振込と現金払いの併用となります


※)各業者様へのお支払いは、現金の方が振込手数料がかからずに済みます。ただし、業者様によっては振込でないといけない場合もございますので、その点はご了承ください。


~ 具体例~

a)売主へ500万円、b)司法書士へ10万円、c)不動産会社へ18万円)の場合


①売主様ヘ500万円の送金(銀行にて振込となります)

②b)、c)については現金での払い出しでのお支払い